節約

家計改善に必要なポイント9<投資の基本編>

デグーさん
デグーさん
よーし!大分生活費が削減されたよ!
平太郎
平太郎
次は余剰資金を投資をしてみよう!
デグーさん
デグーさん
投資?投資はお金持ちがするものじゃないの?
平太郎
平太郎
いやいや今は、投資は一般的だよ!家計改善には必須だよ。
平太郎
平太郎
ただ投資って聞くとどうしても「難しいもの」「お金持ちがするもの」ってイメージがあると思うんだ
平太郎
平太郎
今回はまず、何故貯金ではなく投資をした方がいいのか?投資をする前に知っておきたい考え方を教えていくね!
この記事で納得!

・現金=減らないは大きな間違い。

・投資は長期、現物、分散投資。

・ローリスクハイリターンなんて都合のいい投資は存在しない。

・投資詐欺に注意!

 

貯金だけだとお金は減る!?

せっかく生活費を削減し浮いたお金を貯金するのは、非常にもったいないです。

浮いたお金は貯金ではなく投資に回していくべきです。

それは、日本で生活している以上お金の価値が落ちていくことが明白だからです。

理由としては、

・現在日本は超低金利時代で貯金をしても利率がつかない

・デフレ(物の値段が下がっている状態)から脱却し、インフレ(お金の価値を下げるさせようと政府が様々な対策をとっている。

税金がますます上がっていく。

という3つの理由が挙げられます。

デグーさん
デグーさん
つまり・・・どういうこと?
平太郎
平太郎
分かりやすいように身近な例をあげて説明するよ!

例えば2000年に100円で買っていたお菓子が2020年ではこのように変わっています。

2000年 2020年
100g 80g
値段 100円 120円
消費税 5% 10%

つまり2000年に105円(税込み)で購入していたものが2020年には132円(税込み)で買っているわけです。しかも買える量は減っています

デグーさん
デグーさん
確かに!最近お菓子の量とかが減ってるってニュースになってるよね?
平太郎
平太郎
それがインフレ(モノの値段が上がり、お金の価値が下がる)ってことなんだね
平太郎
平太郎
これから売っているお菓子の量がどんどん増える。モノの値段がどんどん下がる。税金がどんどん下がっていくなんて未来があると思う?
デグーさん
デグーさん
絶対ないね。
平太郎
平太郎
そうだよね!もし貯金をするだけで金利が6%ついたら、それで問題ないんだけど・・・

知っての通り、今の日本じゃ貯金しても金利はごくわずかなんだよね・・・

平太郎
平太郎
デグーくんに限らず日本人の多くは「貯金をしておけばお金は減らない」っていう感覚をもってるよね。
平太郎
平太郎
でもこの話を理解できれば貯金さえしておけばお金が減らないっていう考え方が間違っているって理解できるよね!

「貯金をしているだけでは、相対的にお金が減ってしまう」

これが、目をそらすことができない日本の現実です。

日本政府は長期的目標として物価上昇率2%を目指しています。

今まで1000円で変えていたものを1020円にするということです。

政府もはっきりと「お金の価値を下げます」と宣言しているわけですね。

 

投資の基本を学ぼう!

デグーさん
デグーさん
でも投資をしてお金が減ると貯金した意味がなくなっちゃうよ・・・
平太郎
平太郎
そりゃそうだよね。だから今回は、投資未経験者に向けて投資に対する根っこの考え方を教えるね!

初心者にオススメなのは、

長期投資、現物投資、分散投資です。

デグーさん
デグーさん
難しそう!
平太郎
平太郎
そうだね。ただこの3つは、投資をする人は絶対に理解したほうがいい概念だから、ここはしっかり学んで行こう!

細かいところは省いて出来るだけ簡単な言葉で説明するからまずはザックリとしたイメージを掴んでみよう!

長期投資

長期投資とはその他の通り、「長期間投資商品を保有する」ということです。

例えば、投資と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、「日本株」です。

株を持っていると、配当金や、企業によっては株主優待を貰えます。

株を持っている間は、あなたはその会社のオーナーになり、あなたのために社員は頑張って稼ぐわけです。

基本的に、会社は儲けて大きくなることが目的です。

あなたが意識しなくても、自然と会社の利益が還元されます。

デグーさん
デグーさん
なんかすごいね…
平太郎
平太郎
これぞ資本主義だね!

長期投資に明確な定義は有りません。

しかし、具体的にどのくらいの期間か?というと私はおおよそ5年以上と考えています。

デグーさん
デグーさん
結構長いね。
平太郎
平太郎
そうだね。投資は基本的に長く持てば長く持つほど得するんだ!

また、基本的に経済は右肩上がりに発展していきます。

勿論、途中リーマンショックなどの暴落はあります。しかし暴落で損をするのは、暴落したときに、売ってしまう人だけです。

暴落からは必ず回復します。

世界は何度も暴落を経験していますが、暴落から回復しなかったことは一度もありません。

平太郎
平太郎
例えば、リーマンショックってあったよね? 
デグーさん
デグーさん
うん。なんか株とか不動産の値段がすっごく下がったやつだよね。大ニュースだったよね。
平太郎
平太郎
そうそう。例えば、リーマンショックが起こる前日にアメリカの株を買っていたとしても、今持って入れば、全然利益が出てるわけだね。これで長期投資をしたほうがいいっていうのはわかったよね。

現物投資

投資は、いろいろな方法があります。

その中でも大きな区分となるのが、現物取引か信用取引か?と言う点です。

現物取引とはその名の通り、自分の持っているお金で取引をすることです。

デグーさん
デグーさん
え?当たり前じゃん!
平太郎
平太郎
そう思うよね?でも投資の世界では、信用取引って言って、お金を借りて投資ができるんだ。有名なところではレバレッジをかけたFX取引なんかだね。
デグーさん
デグーさん
聞いたことある!すごく損するやつだ!
平太郎
平太郎
それくらいのイメージで大丈夫だよ。リスクが高いから、初心者は手を出さないようにしよう!

「信用取引はしない。現物取引をする」と言うことだけ理解しておけばOK!

分散投資

投資の世界には様々な格言があります。

その中でも最も有名な格言は「卵は一つのカゴに盛るな」と言うものがあります。

例えば、とてもいい会社があったからといって資産を全部その会社の株にしてしまうと、その会社が倒産してしまうと資産が一気に0円になってしまいます。

デグーさん
デグーさん
それは困る・・・
平太郎
平太郎
自分の信じた会社に全資産を投資して成り上がる。こんなことが可能なのは、一部の天才だけです。

集中投資と言うのは、当たれば大きいけど外れれば最悪という投資法です。

「投資は分散して行うこと」を基本としましょう。


デグーさん
デグーさん
なるほど!理解できたよ!でも結局なにを買ったらいいかはわからないよ・・・
平太郎
平太郎
大丈夫。まずは考え方だけ理解してね!
平太郎
平太郎
次回これらを踏まえて具体的な投資法を紹介するね!
デグーさん
デグーさん
いよいよ投資だ!

リスクとリターン

投資にはリスクがつきものです。リスクのない投資はありません。

投資はローリスクローリターンorハイリスクハイリターンのどちらかしかありません。

残念ながらローリスクハイリターンなんてうまい話はありません。

平太郎
平太郎
逆にハイリスクローリターンは沢山あるけどね…
デグーさん
デグーさん
そんなのわざわざ買う人いないでしょ!
平太郎
平太郎
ところが日本では、めちゃくちゃ売れてるんだよ・・・・積立保険なんかがそうだね。
デグーさん
デグーさん
あっそうか!

投資詐欺に注意!

投資はお金が絡む以上、特に詐欺師が入り込みやすい分野です。

パッと思いつくだけでもこのような詐欺があります。

・自分は天才トレーダーだと触れ回り、情報商材を売りつける。

・FXやバイナリーオプションなどのリスクの高い海外口座開設に誘導する。(口座を開かせることで紹介料が入ります。)

・高額なオンラインサロンやLINE@に誘導する。

・twitterなどSNSで騙されやすい人を集め、信者ビジネスを展開する。

・アフリエイトリンクを踏ませるために、「有益な情報」と謳いながら、発信者だけが得をするような口座開設に誘導する。

※それぞれ、サクラを雇ったり、twitterのフォロワーを買い、権威性を高めることもあります。「みんなが信頼している人だから安心だ」というのは当てになりません。

平太郎も微力ながらtwitterで注意喚起を行っています。

「必ず儲かる」「すぐに〇〇円稼げる」方法など絶対にありません。

例え、そんな方法があってもあなたに教える意味がありません。

その方法で無限に稼げるわけですから。

騙されてしまっては投資どころではありません。

十分注意しましょう!

平太郎
平太郎
最後に大好きな漫画「クロサギ」からセリフを引用するよ!

❝誰かがあんたの金を増やしてくれる・・・そんな話どうして信じられるんだい?❞

<了>

NEXT POINT→家計改善に必要なポイント10<積立編>

当ブログは、「にほんブログ村」にランキング登録しています。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
このブログが少しでもあなたの役に立ったなら、クリックして頂けると平太郎のモチベーションに繋がります。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です