節約

家計改善に必要なポイント10<積立編>

平太郎
平太郎
いよいよ投資をはじめよう!投資は難解な所が多いけれどできるだけわかりやすく、投資未経験者でも理解できるよう説明するよ!
平太郎
平太郎
投資をはじめる人にむけて、オススメの方法が2つあるんだ。今回はそのうちの一つを紹介するよ
デグーさん
デグーさん
ついに!ワクワクするね。
平太郎
平太郎
投資は様々なものがあるけれど、平太郎自身も高校生の頃から10年以上実際にやって利益を出している方法だから是非参考にしてね!
この記事で納得!

・まずは証券口座を開く

・おすすめは米国系投資信託(eMAXIS Slim 米国株式)の積立

・ドルコスト平均法を理解する

・投資を行っている期間には必ず含み損を抱える

投資のスタート。証券口座の開設

投資を行うには、このようなステップが必要です。

  1. 証券口座を開く。
  2. 証券口座に入金する。
  3. 各取引を行う。

※証券口座=株取引などを行う投資専用の口座

デグーさん
デグーさん
難しそう…
平太郎
平太郎
今は手続きも簡略化されてて、簡単に作れるから、すぐ作っちゃおう!

また、証券口座は普通の銀行でも作成可能ですが、絶対にNGです!

必ずネット証券口座を自分で開きましょう。

デグーさん
デグーさん
え?なんで?
平太郎
平太郎
銀行が取り扱う投資信託などは手数料がとても高いからNGだよ。

とはいえ、今はネット銀行や、ネットショッピングも一般的です。

投資を始める=ネット証券口座を開くのが一般的です。

初心者にオススメの証券口座

デグーさん
デグーさん
でもどこの証券口座を開けばいいの?
平太郎
平太郎
そうだよね。有名なネット証券をそれぞれメリットとともに、表にしたから参考にしてね!
メリット オススメ度
楽天証券 積立投資でポイントが貯まる ☆☆☆☆☆
SBI証券 認知度&人気No.1 ☆☆☆☆☆
マネックス証券
英国株&中国株が強い ☆☆☆☆
【SBIネオモバイル証券】

1株単位の少額取引が強い

Tポイントを貯めてる人にはおススメ

☆☆☆

※気になる取引手数料ですが、今はどの証券会社も差はなく(現物取引であれば50万円で400~500円程度)キャンペーンなども随時行われるため、ネット証券であれば差があまりないのが現状です。

初心者であれば、取引量が多くなることはまれなので、手数料の差よりも使いやすさや特徴を重視して選択することをお勧めします。

デグーさん
デグーさん
うーん。迷っちゃうな。
平太郎
平太郎
迷うならどっちも口座開設するのもアリだよ。どうせ無料だし、気になる所は全部開設しちゃってOK!
デグーさん
デグーさん
そうか!別に複数開設してもいいんだ!
平太郎
平太郎
ただしどこを開くにしても、まず楽天証券は必須で開こう。

とにかく迷うよりも今すぐ開設しましょう。開設してから、次の手を考えましょう。

また実際に使ってみて、使いやすい所を選択するのもありです。

また、楽天証券には積立投資をすることですごいメリットがあります。

そちらも紹介していきます。

投資初心者にオススメな2つの投資法

投資を初めて行う人にオススメしている投資法が2つあります。

それは、米国系投資信託の積立と、日本個別株の高配当投資です。

投資は基本的に理論や数学の分野です。

しかし人間が行う以上、感情的な面を排除することができません。

オススメの投資法を2つあげるのも、性格に合った投資法がいいと考えているからです。

勿論初めてみて合わなければ、違う方法に変えるのも全然ありです。

どちらもするのもOKです。

今回の記事では、米国系投資信託の積立を紹介していきます。

平太郎
平太郎
ちなみに平太郎は、どっちもやってるよ!

米国系投資信託の積立

デグーさん
デグーさん
米国はわかるけど投資信託って?
平太郎
平太郎
簡単に言えば、プロが選んだ投資商品の詰め合わせだよ!
平太郎
平太郎
その名の通り、信託だから、信じてあなたにお金を託すよ!ってイメージをしてもらったら分かりやすいよね。
デグーさん
デグーさん
積立って、月々の貯金の一部を投資に回すっていう感じだよね?
平太郎
平太郎
その通り!

このブログでは、楽天証券でeMAXIS Slim 米国株式を積み立てることをお勧めします。

米国系投資信託積立のメリット・デメリット

まずはこの投資法のメリット、デメリットをまとめます。

メリット

・簡単、お手軽。一度設定してしまえば、やることが無い。

・経済全体の恩恵を長期間かけて受けられるので、投資初心者でも、平均点以上の投資成績が出せる。

・複数の企業の株を買っている為、分散投資される。

・少額から始められる。

デメリット

・貯金している感覚と変わらない為、将来の備え、資産の拡大には、効果的だが今の生活は豊かにならない。

・悪くいうと日々の我慢が増えるだけ。

・平均リターン以上に稼ぐことは不可能。

・かなり長期で見る為、基本は10年以上かかる。

・現金化したい時に暴落が起こると、損をする。

・知識が増えない。

・面白く無い

性格的にはこんな人が向いています。

  1. 我慢強い
  2. 生活の中で投資のことを考えたくない
  3. 手間をかけずに平均点が取れれば満足
  4. 投資をしている実感は必要ない
  5. 投資について深く勉強する気はない
平太郎
平太郎
まとめると、積立投資は手軽に平均リターンを取れるが、恩恵を受けられるのは、基本10年以上先の話なんだね。貯金がわりに投資してるイメージだね。
デグーさん
デグーさん
いつ現金に戻すの?
平太郎
平太郎
必要になった時だね。長期になるほど有利だから退職した時や、まとまったお金が必要な時なんかだね。
平太郎
平太郎
堅実な生活をしていれば、現金に戻すのは、何十年も先って感じになるね。
デグーさん
デグーさん
なるほど!

積立投資がなぜいいの?

積立投資というのは、非常に理にかなった方法です。

それは、ドルコスト平均法のメリットを享受出来るからです。

デグーさん
デグーさん
難しそう…

ここが積立投資の最大の肝です。分かりやすく説明するので必ず理解してください。

まず前提として、直感的に投資商品は、「安く買った方が得」「高く売れば利益が出る」って所は誰でも理解できると思います。

デグーさん
デグーさん
そりゃそうだね。

しかし問題となるのは「いつ安値なのかわからない」という事です。

逆に「いつ安値か分かります」という人は、詐欺師か投資に関する知識がない人です。

積立投資=同じ商品を毎月決まった額買い続ける投資法です。

値段が変動するものを毎月同じ金額を購入する事で自動的に「安値であれば沢山」「高値で有れば少し」しか買えません。

デグーさん
デグーさん
うーん。よくわからない・・・
平太郎
平太郎
わかりやすく架空の投資信託Aを例にしてグラフと表で説明するよ。

例:

 

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月
値段 200 250 250 200 100 50
時期 7月 8月 9月 10月 11月 12月
値段 100 100 200 250 500 250

この架空の投資信託を月々5万円分1年間購入したとします。

するとその場合の購入口数(投資信託の量)はこのようなグラフになります。

 

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月
値段 200 250 250 200 100 50
購入口数 250 200 200 250 500 1000
時期 7月 8月 9月 10月 11月 12月
値段 100 100 200 250 500 250
購入口数 500 500 250 200 100 200

 

購入口数が、値段が安いほど多く、高いほど小さくなっているのがわかります。

平太郎
平太郎
すると結果的に、1口当りに必要な金額を下げることができるわけだね。これが積立投資がとてもお得な方法という理由なんだ。

1年間で使ったお金は・・・・

5万×12=60万

合計取得口数は・・・・

4150口

1年間の平均購入金額は・・・・・

60万÷4150口144.5円/口

直感的に長く投資すればする程ブレが小さくなっていくことも理解できると思います。

投資信託の種類って何があるの?

デグーさん
デグーさん
投資信託っていっぱいあるんでしょ。どれがいいの?

投資信託には沢山の種類がありますが、大きく2つに分類できます。

それは、インデックスファンドアクティブファンドかという点です。

インデックスファンド

インデックスファンドとは、基準価格がある指標(インデックス)と連動した動きをすることを目標にしたファンドのことです。

※指標(インデックス)というのは、あるグループの平均値です。例えば日経平均株価も代表的な指標の一つです。

デグーさん
デグーさん
ニュースでよく本日の日経平均株価は〜っていってるね。
平太郎
平太郎
そう。なんで、それがニュースになるかっていうと、日経平均株価は、日本の大きな企業の株価の平均値なんだね。
それを見ることで、日本全体の景気や状況を知る為の目安になるんだね。

今回紹介しているeMAXIS Slim米国株式で言えば、米国全体の株式と同じ動きをするってことだね。

アクティブファンド

アクティブファンドは基準価格がある指標を上回る動きをすることを目標としているファンドです。

ファンドマネージャーが戦略を立て、インデックスファンドより儲けることを目標としています。

デグーさん
デグーさん
え?儲かるならそっちの方が良くない?
平太郎
平太郎
それが違うんだよ。例えばインデックスファンドみたいに日経平均株価と同じように動くように株を購入しようと思ったら、どうする?
デグーさん
デグーさん
えーと日経平均株価の計算に入ってる大きな企業の銘柄を同じだけ買えばいいんじゃない?
平太郎
平太郎

正解!つまり、お金さえあれば誰でもできるんだね。ファンドから見れば手間もかからず簡単なんだね。その分手数料も激安ってこと。

デグーさん
デグーさん
なるほど。逆に、アクティブファンドはどこに投資をするか考える為に手間がかかるから手数料が高いんだ!
平太郎
平太郎
その通り!しかもあくまでインデックスを上回る成績を「目指す」だけなんだ。割高な手数料まで含めると、インデックスファンドのリターンをアクティブファンドのリターンが上回ることは殆ど無いんだ。

積立をするなら圧倒的にインデックスファンドです。


 

お年寄りでアクティブファンドを持っている人は非常に多いです。なぜか?それは銀行に勧められるがまま、購入しているからです。
銀行側から見れば、インデックスファンドなんて買ってもらっても全く利益になりません。
アクティブファンドの方が手数料が高い為、銀行側が得するからです。

この記事ではインデックスファンドであるeMAXIS Slim 米国株式をオススメします。
このファンドは簡単に言えば米国全体に投資しているイメージです。

手数料も最安、人気も高く積立投資をするならばまず第一候補にして下さい。

同シリーズで同じくらい人気があるのが世界系です。こちらは世界全体を対象に投資をしているイメージです。

米国系か世界系か?というのは正直好みの問題です。勿論世界中に投資をしても、マーケットとして一番大きいのは米国です。

そのため、世界系を選択しても結果的に米国のウエイトが大きくなります。

楽天証券でさらにお得に積立

積立を行う際にさらにお得な方法が有ります。
それは楽天証券を使うことです。

なんと楽天証券は月5万円までの積立は楽天クレジットカードで決済できます。
5万円積立するたびに1%の500ポイントがもらえるわけです。

これは本当に凄い威力です。
毎月積立するたびに積立額の1%の利益が得られるのは将来的にも非常に有利です。

正直これがある為、現状は積立投資を行う場合は楽天証券一択です。

勿論将来的に、楽天証券側がこのサービスをやめたり、他社がさらにいいキャンペーンをする可能性もあります。

そのため、簡単に乗り換えられるよう複数口座の開設をお勧めします。

また、こちらの記事で紹介したマネーブリッジ(楽天銀行と楽天証券の口座連携)を行うことで、通常預金も利率0.1%となるのも見逃せない点です。

マネーブリッジしておけば、通常の株取引をする際も、証券口座にお金を移す必要がなくなります。

楽天銀行に残高があれば、そちらから自動で引き落とされます。

積立を行う際の注意点

基本的に世界経済はじっくり右肩上がりが基本です。

しかし、周期的に暴落が起こります。記憶に新しいのは2008年のリーマンショックです。

デグーさん
デグーさん
そういう暴落が起きたら何をすればいいの?
平太郎
平太郎
何もしません。
デグーさん
デグーさん
え?何もしないの?
平太郎
平太郎
それが最適解です。さっきドルコスト平均法の話はしたよね?暴落が起きたら、たくさん買えるチャンスなんだね!
デグーさん
デグーさん
なるほど!

先ほどの投資信託Aであれば、6月にガクンと値段が下がっています。

その時に「下がってしまった」と売却するとどうなるか?

5か月分で25万円入金しています。それが6月には、7万円ほどの価値になっています。売却すれば18万円も損します。

しかし、下がった時にも買い続けることで、9月ではまたプラスに戻っています。

値段が下がったら割引セールだ!と考えましょう。

平太郎
平太郎
やりがちな初心者の失敗が、暴落時に現金化してしまうことです。自分の資産がマイナスになるというのは想像以上のストレスです。
平太郎
平太郎
投資初心者はこの時赤字に耐えられず、まるで永遠に暴落が続くように感じてしまい、これ以上損をしない為に現金化してしまうことがあります。
平太郎
平太郎
これは非常に勿体ないです。安く買えるからこそ、投資は利益を出すことができます。
デグーさん
デグーさん
うーん。理屈はわかるけど…
平太郎
平太郎
よく考えてみて。普段買ってるお肉が先月より安くなっていたら、「やったー」と思わない?
デグーさん
デグーさん
確かに!
平太郎
平太郎
暴落したときに怖くて売り、人気が出て高値の時に買ってしまう。これでは利益は出ません。

リーマンショックを例に出します。

リーマンショック直前のS&P500の価格は1576ドルです。

リーマンショックで666ドルまで落ちました。

そして2020年現在いくらかと言うと3360ドルです。

デグーさん
デグーさん
ええー?そうなんだ。

つまり積立投資でリーマンショックで損した人というのは、リーマンショックが起きた瞬間に現金化して積立をやめた人だけになります。

そのまま積立投資を継続していれば十分利益がでています。

平太郎
平太郎
これで、暴落しても現金化してはいけないって言うのがわかったよね。

また、積立投資のリターンというものは、年利4〜5%と言った所です。

これは資産が1年毎に着々と4%程度で増えていくという事ではありません。

長期間積立する程、暴落に遭う確率も増し、マイナスになる年が必ずあります。

デグーさん
デグーさん
年利4%だからといって、毎年4%資産が増えるわけではないんだね。

その時に恐怖で現金化してしまうか?それとも気にせずそのまま積立られるか?これが大きく結果に影響します。投資をしていることを忘れる位でOKです。

平太郎
平太郎
次回は日本個別株について書いていくよ!

NEXT POINT→家計改善に必要なポイント11<個別株編>

当ブログは、「にほんブログ村」にランキング登録しています。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
このブログが少しでもあなたの役に立ったなら、クリックして頂けると平太郎のモチベーションに繋がります。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です